国際女性年大阪連絡会50周年記念集会のお知らせ

日 時:2024年3月9日(土) 13:30~16:30(12:45~受付)
場 所:ドーンセンター 1F パフォーマンススペース
参加費:1000円(1部、2部共通)


第1部:記念講演
   「助けて」と言える社会へー性暴力と男女不平等社会
    講師:大沢真知子さん
第2部:ミニライブ DAN

大阪市北区天神橋2 5 3 第5 新興ビル202
I女性会議大阪気付
電話・FAX:06-6352-3704
メール:i-osaka@happy.interq.or.jp
 

いこ☆る第21回総会・記念講演のお知らせ

日時  :2024年3月30日(土)
総会  :14:00~14:20(会員のみ)
記念講演:14:30~16:00(どなたでもご参加いただけます)


参加方法:①ドーンセンター・セミナー室2で視聴・参加(開場13:30 定員30名・先着順)
     ②Zoomでのオンライン参加
参加費 :①②どちらも会員は無料、一般は500円 事前申込をお願いします。

テーマ:移民女性の暮らしと労働の今~日本社会が問われること~
講師 :田中雅子さん(オンライン記念講演)

ぜひご参加ください。

働く女性の情報誌いこ☆る Vol.70(2024年2月号)

■ いこ☆る 冬の講座
「拡大する「新しい働き方」の危険性 ~隙間バイトで失うもの~」
講師 大橋さゆりさん(弁護士)

■ 「琉球弧の軍事基地化」NO! 沖縄を再び戦場にさせない

■ ぷらっとシネマ 萩原弘子さん
「多文化主義の夢」と評する的外れ 『パリ20区、僕たちのクラス』

■ 大阪労働者弁護団講座報告 「高齢者雇用の法的問題」

■ わたしの仕事
「コンビニ弁当の製造工場で働く」

■ ちょっとひと息
「武力より平和力」

■ やかびのひとりごと⑪ 屋嘉比ふみ子さん
旅日記「3.11伝承ロード」で想う

■ こんな本読んだ?
『声をあげて』

■ 空町 猫待ち 日が暮れて⑳
「猫カフェただいま絶不調」

■ 詠って作ろう-36 ちよみ流クッキング

■ いこ☆る流労働相談

■ いこ☆る案内板

ジェンダー平等実現のための連続学習会「映画とトーク」のお知らせ

映画『ここから ~「関西生コン事件」と私たち』上映 & トーク 松尾聖子さん(関生支部組合員)と屋嘉比ふみ子さん(いこ☆る運営委員)

日時 1月28日(日)14時
会場 すてっぷホール(阪急豊中駅すぐ、エトレ豊中5階)
参加費 1200円(映画のパンフ付) 
主催 男女共同参画社会をつくる豊中連絡会 〔TEL 080(1429)2797〕

映画「ここから」は、シングルマザーが生活保護から抜け出そうと大型運転免許を取って生コンクリートを運ぶミキサー車のドライバーになり、初めは非正規雇用でしたが、労働組合に入って仲間たちと一緒に闘って正規雇用になり、その後も、さまざまな困難が立ち塞がっても組合の仲間たちとともに闘い、働き続けているというドキュメンタリー映画です。

上映後は、困難をどう乗り越え、壁を壊してきたか、映画に出演している松尾聖子さんと、同一価値労働同一賃金を求めて京ガス男女賃金差別裁判を闘い勝利した屋嘉比ふみ子さんからお話を聴きます。

ぜひご参加ください。
(お問い合わせは主催の「男女共同参画を作る豊中連絡会」までお願いします)

いこ☆る 冬の講座のお知らせ

働く女性の人権センターいこ☆る 2023年冬の講座をお知らせします。

日 時 :2023年12月10日(日) 14:00~16:00
参加方法:①「ドーンセンター・セミナー室2」で参加(定員30名、開場13:30)
     ②Zoomでオンライン参加
参加費 :①②どちらも、会員500円/一般800円
事前申込:①②どちらも事前にお申し込みください。

拡大する「新しい働き方」の危険性
 ~スキマバイトで失うもの~

講師:大橋さゆりさん

 物価上昇に賃金が追いつかない、人手不足…。そんな状況が続く中、副業・兼業を求める人が増
え、政府や財界主導で「新しい働き方」が喧伝されています。
 その危険性については、すでに2020 年12 月、大橋さゆり弁護士にご講演をいただいています
が、その後も「隙間時間でのアルバイトのマッチング」と称して、スマホを使って、履歴書も面接
も要らない日払いの仕事を紹介するアプリが増えています。これは、少しでも多く働きたい人に
とっても、繁忙期だけ人手がほしい使用者側にとっても、一見魅力ある、有益な方法に見えます。
今や、世代を超えて広がっているスマホアプリでのマッチング雇用。これは、どのような危険性
を持っているのか、また、政府・財界が推進している意図は一体何なのか。再度、大橋さゆり弁護
士からお話をお聴きします。
 ぜひ、ご参加ください。一緒に考えましょう。

働く女性の情報誌いこ☆る Vol.69(2023年10月号)

■ いこ☆る 夏の講座
  「不安だらけの高齢社会! ~介護労働と介護保険~」
  講師 伊藤みどりさん(ホームヘルパー・介護福祉士)
■ ぷらっとシネマ 萩原弘子さん
  奴隷制から「産獄複合体」へ 『 13th―憲法修正第13 条』
■ 最低賃金審議会で意見陳述しました!
■ ちょっとひと息 「ああ、困ったことだ……」 暖風さん
■ 山紀会 勝利和解報告
  「たくさんのご支援と連帯! ありがとうございました」
■ 国際女性年 平和集会報告
  「猿田佐世さんの講演会に参加して」
■ 『ここから』-「関西生コン事件」と私たち― 上映会報告
■ わたしの仕事
  「介護職、児童発達支援指導者として」
■ 空町 猫待ち 日が暮れて⑲ 榊原裕美さん
  「地域で生きるということ」
■ 詠って作ろう- ちよみ流クッキング
■ いこ☆る流労働相談
■ いこ☆る案内板

いこ☆る夏の講座のお知らせ

働く女性の人権センターいこ☆る 2023年夏の講座をご案内します。

日 時  :2023 年8 月5 日(土)14:00~16:00
参加方法 ① Zoom でオンライン参加
     ②「ドーンセンター セミナー室1」で視聴 (定員25 名、開場13:30)
参 加 費 ①②とも、会員500 円、一般800 円 ①②ともに、事前申し込みが必要

      申込み締め切りは7月29日(土)です。

「不安だらけの高齢社会!~介護労働と介護保険~」

 講師:伊藤みどりさん (講師はオンラインで講演 会場でも聴けます)

 2025 年には65 歳以上の高齢者比率は30%と試算され、介護の危機は待ったなしです。
 介護保険制度は改定のたびに改悪され、介護報酬も大きく引き下げられました。少子高齢化による人手不足は介護現場を直撃し、人間には必須の仕事内容なのに低賃金で離職者も多く、深刻な状況です。コロナ禍の影響もあり、事業所の経営は悪化する一方で、訪問介護事業所の倒産も相次いでいます。昨年10 月に開始された「介護職員等ベースアップ等支援加算」は、事態の改善につながるのでしょうか?
2019 年11 月、訪問介護ヘルパーで働く女性3 人が「ヘルパーの低賃金や極度の人手不足などの不安定な働き方は、介護保険制度が原因」と、東京地裁に国家賠償を求め、提訴しました。
今回、原告のおひとりである伊藤みどりさんから、介護現場の現状や制度の問題点、裁判の意義についてお聴きします。史上最悪の介護保険制度改悪が進められようとする今、暮らしや介護の将来を一緒に考えましょう!

伊藤みどりさん紹介
ホームヘルパー・介護福祉士 1995 年 女性ユニオン東京、2007 年 はたらく女性の全国センター(ACW2)の結成に参加。ACW2 は、孤立した貧困女性と労働組合の中間的プラットフォームをめざし、ワークショップ・ホットラインなどを継続中。2019 年11 月、ホームヘルパー国賠訴訟を提訴。

働く女性の情報誌いこ☆る Vol.68(2023年6月号)

■いこ☆る 第20回総会報告
■総会記念講演 「ジェンダーの視点からの脱軍事化 ~武器なしに平和を創る~」
講師 秋林こずえさん(同志社大学大学院教員)
■ ちょっとひと息 「都会での生活」
■ ぷらっとシネマ 萩原弘子さん
彼女は言わなかった―沈黙を強いる法理とは? 『She Said –その名を暴け』
■ 2023国際女性年大阪連絡会 3.11国際女性デー集会報告と感想
■ 労働と人権サポートセンター・大阪 講座報告
「世界の水道の流れと日本・大阪の水道のこれからを考える」
講師 武田かおりさん(NPO法人 AMネット事務局長)
■ こんな本読んだ? 『母親になって後悔してる』
■ 空町 猫待ち 日が暮れて⑱
コワイ猫もキャラ変⁉ 猫が教える決めつけからの解放
■ 詠って作ろう-34 ちよみ流クッキング
■ いこ☆る流労働相談
■ いこ☆る案内板

フェミ科研費裁判控訴審、逆転勝訴!!

フェミ科研費裁判控訴審、逆転勝訴!!

2023年5月30日、大阪高裁は、杉田水脈衆院議員に対し、原告の牟田和恵氏(現大阪大学名誉教授)に33万円の賠償を支払うよう命じました!京都地裁の不当判決を覆す逆転勝訴です。

判決は、原告らの科研費使用に不正がある、ずさんな経理をしている等の杉田氏のSNSやインターネットTVでの発言は事実ではなく、原告に対する名誉棄損を認めています
政治家が科研費や学問の自由に介入することへの歯止めとなる大変重要な判決を勝ち取られた原告、弁護団の皆様、ありがとうございました。

フェミ科研費裁判支援の会からのお知らせ

フェミ科研費裁判支援の会からのお知らせをお伝えします。

*高裁判決日のお知らせ

控訴審の判決日は、2023年5月30日(火)13:15〜@大阪高裁です。

当日は15時ごろ(予定)から、中央公会堂3階中集会室から支援者集会を開催いたします。中央王公会堂は、裁判所から徒歩5分ほどになります。
何卒ご支援をよろしくお願いいたします。

※傍聴券配布が予想されます。お早目のお越しをご予定ください(これまで通りだとだいたい14時頃から傍聴券が配布されます)。
※中央公会堂は大阪高裁からは川を挟んで対岸です。

最寄り駅

<地下鉄御堂筋線> 「淀屋橋駅」一番出口より徒歩約3分
<地下鉄堺筋線> 「北浜駅」26番出口より徒歩約5分 
<京阪本線> 「淀屋橋駅」中央改札口より徒歩約2分、「北浜駅」中央改札口より徒歩約5分
<京阪中之島線>「なにわ橋」駅 1番出口から徒歩1分

*判決直前5/26に清末愛砂さんオンライン講演会を開催します

2023年5月26日(金)19時〜20時半、清末愛砂さん(室蘭工業大学大学院教授)をお迎えし、講演会『フェミ科研費裁判が問うてきたもの』を開催いたします。
高裁判決日を前に今一度フェミ科研費裁判の意義を考えます。奮ってご参加ください!

開催方式:zoom開催(参加費無料)
申し込み:https://peatix.com/event/3574695/view

※見逃し配信も予定しております(公開から1か月限定)